NOTE BOOK

自由を手に入れるために頑張った記録

うつ病になったらどう動くか 法的規制や手当金など

せっかくなのでメンタルヘルスマネジメントのポイントについてまとめておきます。

経緯はこちら

mantenkanto.hatenablog.com

 

 

従業員の健康管理とは

会社組織においていわゆる管理者というのは、従業員の健康問題に関しては2種類の規制があるということを知っておかなければなりません。

① 公法的規制 

労働条件基準の最低限度について示されている取締規制の事。つまり労働安全衛生法に違反すると一定の範囲で刑事罰となってしまうという事。

② 私法的規制

安全配慮義務ないしは健康配慮義務の違反によって、うつ病等に罹患した際には、企業はその労働者に対して民事上の損害賠償責任が生じますよというもの。

安全配慮義務とは

2008年3月から施行された労働契約法第5条で「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」と明文化されている。

近年では労働環境の物理的な安全(労働中の怪我など)よりも、精神疾患うつ病)のような精神的な健康も安全配慮義務の対象となっているようです。

安全配慮義務とは言えど完全に配慮されている職場は残念ながら少ないように思います。配慮とはどんなことをすると配慮したことになるのか、管理者自身が曖昧な状態の組織もあるからです。

ただ、労働者として知っておかなければいけないのが、労働者はこれらの規制によって保護されているという事。必要であれば権利を主張する事が出来るという事を確認し理解しておくことが重要です。

 

労災認定?傷病手当?

精神疾患などで働く意思があっても働けない状態である場合、仕事ができない期間に必要となる生活費を補償してもらう仕組みがあります。

それが労災による休業補償給付と健康保険による傷病手当金になります。

精神障害の労災認定要件

①認定基準の対象となる精神障害を発病していること

②発病前おおむね6ヶ月の間に業務による強い心理的負荷が認められること

③業務以外の心理的負荷等の要因で発病したとは認められないこと

 会社からすれば労災となれば、自らの非を認めることになり、社会的な信用の喪失に繋がります。労災によって休業補償給付を受け取るということは、会社と対峙することとなるため、精神疾患にかかっているような状態では、弁護士など補佐をしてもらう状況が作り出せなければ難しいことが想定されます。

対して

傷病手当を受け取るための認定要件 

①業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

②仕事に就くことができないこと

③連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

④休業した期間について給与の支払いがないこと

 スタンスはあくまで業務外での病気やケガということで、会社からしたらこちらの選択が望ましいと考えるでしょう。そのため比較的手当を受けやすいのです。

 

労災認定のメリット

傷病手当金よりも支給額が高い

⇨労災は給料の約80%、傷病手当は約67%

・受給期間に制限がない

⇨労災は制限なし、傷病手当は最長で1年6ヶ月まで

といったように労災認定による休業補償給付の方が額面や期間に関してメリットがあります。ただ、それを得るためには多大な労力がかかります。(弁護士を雇うなりのコストなど)

まとめ

うつ病など精神疾患を発症した際は、規制によって自らが保護されている事を自覚し、働けない期間の給付金を確保することを考慮する必要があります。医者からの診断書が発行されるのであれば、傷病手当金の取得は比較的容易であり、自らの体調を整えながら最長で1年6ヶ月の間は生活費を得るという形もある事を知っておくのは重要だと思います。

 

 

柴犬かわいい動画まとめ

私は柴犬が動物の中で一番好きです。

YouTubeでは飼い主のみなさんが動画にその可愛らしい姿をおさめてアップしてくれています。

私はそれを見ながら癒されるわけです。

 

ここでは私の選ぶ究極に可愛い柴犬動画をご紹介します。

 

柴犬こてつ君


飼い主帰宅に感極まる柴犬こてつ君!お留守番長かったね!

 

飼い主さんが長期間帰って来ずにこてつくんお留守番してたとのこと。

こてつくんは感極まるとなにかものを咥えてプレゼント(?)してくれる習性がある子のようで、この動画ではプレゼントはスニーカーですね。

この動画の可愛いポイントは何と言っても感極まって出た泣き声となります。

目も閉じちゃって、飛行機耳になっちゃってとんでもなく可愛らしい。

 


柴犬こてつ君の拗ねているかのような寝方が好き!

そしてこのドアップ。見ればわかる可愛さ。

 


ただただおじいちゃんにハグされまくる柴犬こてつ君!ふたりは仲良し♬

人懐っこさが規格外ですね。おじいちゃんに抱きしめられてます。

この動画のポイントはおじいちゃんもかわいいところです。

 

柴犬小春ちゃん


柴犬小春、実験!ハウスが小さくなったらどうする??

車で移動する際に専用のハウスがある小春ちゃんですが、そのハウスが小さくなったらどうなるのか実験を行った動画です。ただただ可愛い。

 


柴犬小春 グルーミングでトロトロにとろけた柴犬を、「ドライブ行く?」でたたき起こしてみた!

飼い主に慣れるとここまでさせてくれるのかと感心してしまいます。

もうぬいぐるみ状態で非常に癒されます。

 


柴犬小春 お母さん大好き/LOVE MOM part2

お母さんに抱かれてまったりしている小春ちゃん

もはや小さな人間の子供と変わりません。

 

柴犬いちごちゃん・ひかりちゃん


飼い主にすがりつく柴犬いちご Shiba Inu hugging to owner

悶絶級のかわいさ。犬ってこんなことしてくれるんですね。感動すら覚えました。

 


温風で眠る柴犬ひかり Shiba and fan heater

ストーブで暖をとる柴犬。人間かよと突っ込みたくなる可愛さ。

 

柴犬ももちゃん


パパじゃなきゃやだ。It has to be dad!

これまた人懐っこい。犬が本当に遊びたくて催促している様子を眺めることができます。

 


パパと互角⁈の真剣勝負!Serious match with dad

ほのぼの感が好き。ママの声もすごく可愛らしいです。

 

 

どの柴犬も個性があり違います。

このように柴犬動画リストを作成し、日々癒されているわけです。

動画見始めるとくせになるでしょ?

 

柴犬ひかりといちごと猫ミルキー

柴犬ひかりといちごと猫ミルキー

 

 

メルカリ上場 初値5000円だってさ

話題のフリマアプリ「メルカリ」が本日19日東証マザース市場に新規上場となってます。

メルカリのIPOは一応応募していましたが、落選となってます。さすがにカスリもしなかった感がありますが...

 

休職中のわたくしは平日にも関わらず値動きをしっかりと確認させていただきました。

久々に凄まじき値動きでした。

 

初値で換算した時価総額は6700億円で東証マザーズ市場で首位とのことです。

圧倒的な知名度ですので滑り出しはうまくいきそうですね。

 

株についてはもし値下がりするようであればセカンダリー投資も検討してみようと思います。

今のところ、業績は赤字だそうですが、メルカリは調達資金で海外進出に取り組むそうなので、シェア拡大が上手くできるのであれば期待できる投資先になります。

 

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ

 

 

 

メンタルヘルスマネジメント

いわゆるブラック企業で6年間働いた結果、この度メンタルブレイクされました。まさか自分が本当に精神疾患となるとは思っていませんでしたが、仕事を思い返せばこうなるのは時間の問題だったなとも思えています。

 

現在、精神科・心療内科が診療科目のクリニックにて受診中です。

仕事の方は1ヶ月間の休職となっています。

自分の場合は、几帳面すぎる上司による半ばいじめのような管理環境と、自分にとって納得感のない職種での仕事を継続してしまったことでうつ病を発症しました。

 

いい機会なので、私の経験とうつ病になった際・うつ病であると疑われる際の「診断書」のもらい方についてまとめておこうと思います。

診断書とは

自分が精神疾患であることを正式に証明するために、医者にかいてもらう証明証です。

私の受診したクリニックでは診断後、精神疾患うつ病)と診断された為、その場で手書きの診断書をかいてくれました。

 

診療科目に、精神科または心療内科がある病院であれば問題ありません。

最寄りの病院にまずは行くことがスタートとなります。

 

精神科?心療内科

メンタルヘルス不調に関わる診療科は大きく分けて精神科心療内科に分けられます。

精神疾患を扱うのが精神科(統合失調症うつ病アルコール依存症など)

心身症を扱うのが心療内科(ストレスによる頭痛・腹痛・めまい・胃潰瘍など)

症状によって上記の通り分けられるようですが、自分がどういう状態かがわからなければどちらかでも受診すれば医者が判断してくれます。

やはりまずは病院に行くことです。

 

ちなみに医療機関には「病院」「診療所(クリニック)」があります。

病院とは20人以上の患者を入院させるための施設を備えるところ。

診療所(クリニック)とは入院施設が無いか19人以下の患者を入院させる施設を備えるところ。

 

というように、規模によって医療機関の名称も変わるようです。

精神的にきている時は、人の目をできるだけ避けたいと感じるものです。

そのような人はクリニックを選んで受診すると良いと思います。

 

休職について

うつ病などの精神疾患と診断された場合は医者に診断書をかいてもらい、休職への手続きに移ることができます。

うつ病の場合、多くは3〜6ヶ月程度の自宅療養が必要とされているようですが、療養期間については医者と相談のうえ決定されます。

 

私の場合は、医者からうつ病であると診断された後、まずは職場環境から離れて休息するようにいわれました。

その際に医者からは「まずは1ヶ月しっかりと休んでみましょうか、それでも改善されなければ追加で療養することもできますのでね」とフォローしてもらいました。

 

後は診断書を貰って会社の総務に郵送で送って休職に入りました。

診断書の書類は保険適用外とのことで、4000〜5000円程度かかります。

お金がかかるのはしょうがないですが、それよりも環境を変えることができることの価値の方がよっぽど尊く感じました。

色々頑張ったけどこれも選択肢のうちのひとつであって間違いではないなと。

 

あとから知ったのですが、診断書は医者から封書にてもらえますが、会社に提出する際は封は切らずに提出するべきとのこと。

改ざんなどの可能性が考えられるとのことで、信憑性にかけるとのことで診断書の取り直しになるなどのトラブルもあるようなので気をつけてください。

※私はしっかりと開封して内容をじっくりと確認した上で会社に送りつけました。

 

メンタルヘルスマネジメント検定

まさか自分がうつ病になるなんて思ってもみなかったですが、なってしまったものはしょうがないと諦め、これをきっかけとして学ぶべきことは何かを考えた時に、この病気に至らしめる根源についてよく知ることが必要だと感じました。

 

wikipedia:メンタルヘルス・マネジメント検定

こんな検定があるんですね。

要は自分のような状態にならないためのセルフマネジメントと管理職が担う役割について理解を深め、精神疾患を発生させない技術を習得することを目的とする検定です。

 

こういうのって心理学とかが絡んでくる学問でもあり、エキスパートとなるレベルまで学ぶことで社内で知識を利用して仕事に繋げることができそうですね。

苦しみ抜いた6年の引き換えに勝ち取った療養期間で学んでみようと思いました。

 

 

検定には

Ⅰ種(経営者が考えるメンタルヘルス

Ⅱ種(管理監督者、いわゆる管理職が考えるメンタルヘルス

Ⅲ種(セルフケア、自ら気づきケアするためのメンタルヘルス

というように3種類に分かれています。

まずはⅡ種・Ⅲ種から学ぶべきです。

書店でいくつか参考書みてみましたが、自分が一番使いやすそうなのが上記の参考書でした。

 

まとめ

精神疾患にかかる人が増加する傾向にあり、働き方改革などといって公的な変化は確かにありますが、ぶっちゃけるとそんな変化はあってもなくても自分みたいに病気にかかる人はいます。根本解決できてないから。

変なプライドがあり、なかなか人に相談するということができなかった自分にとって、結局は職場の色々な人に迷惑をかける結果となってしまいましたが、今の選択は別にいいんじゃないって感じでゆるく考えることにしました。

それよりもそんな環境の職場に問題ありありですし。

 

労働して消耗して自分の価値を落とすなんてもったいなさ過ぎる。

ここから学べることを自分なりに貪欲に吸収して、結果この経験があってよかったと思えるような結果に人生を修正してみようと思います。

 

自己投資の方法 ストアカというものを利用してみたよ

 

この時代、パソコンさえあれば自分の学びたい分野を、自ら講師を選んで学びに行くことができるというものです。

 

ストアカ

f:id:rigel1:20180613231556p:plain

 

ポイントは自分で先生を選べること。

しかも全国各地で自分の知りたい知識を絞って先生の検索が可能。

 

自分も試しにコーチングのセミナーを受けてみましたが、

確かに教えたい人と教わりたい人をつなぐという点は問題なく、

サイトの操作感も直感的でわかりやすくできています。

 

無料のセミナーから数万円の受講料がかかるものまで有り。

無料系のセミナーは大概が集客の為で、セミナー後に個別コンサルの別料金という流れとなりますが、受けるか受けないかは自らが決めるものですからね。

 

無料のセミナーっていうのは内容うんぬんより、とにかく人脈を広げるのに利用すると良いですセミナー講師ってのは基本的に教えたくてこういうのに登録しているのであって、セミナー内容の質問であれば快く受け答えしてもらえるでしょう。

 

ポイントは、セミナー後の高額コンサルではなく、(もちろん興味がそそられたなら受けてもいいとは思いますが...)適度にセミナー内容の質問をしつつ、最低でもその講師とのSNS等の繋がりをつくっておくことです

ラインやFacebook等のSNSで繋がればそこから新たな人脈が期待できます。

もちろん講師からのアドバイスも含め。

 

理想はセミナー後にその講師と飲みに行くことができれば、無料セミナーであれば多少飲食代がかかれどセミナーの元が取れる確率は高いと思います。

 

「セミナー講師は教えたがり」

の性質をうまく利用して大きなリターンを得る努力をしましょう。

もちろん失礼の無いようにですけどね。

 

自己投資の考え方について

日々の仕事をこなしながら自己投資する必要性について記述します。

 

今携わっている仕事が合わなくて悩んでいる人が、自分らしく働くにはどうすればよいのか迷い困っている人に向けて書いています。

その答えの一つとして自己投資を考えて実践するという解決法をここではテーマとしたいと思います。要は行き詰まった時に人生の選択肢をたくさん持ててるという余裕が、ストレスなく日々を前向きに生きて行くことができる原動力となるということ。

 

私の場合、自己投資として毎月本を読むということを実践しています。月に4冊以上、毎週1冊を読むというものです。

基本的に時間が空いたら本を取り出せるようにしていますが、読書時間はほとんど通勤時間(片道1時間で毎日2時間は読書する時間が確保できていることになる)です。

 

私は大学生時代も電車通学で実家から時間をかけて行き来していました。社会人になった今も通勤は実家からの電車利用なので、よく同僚からは「会社の近くに住まないの?」と時間が勿体無いという理由で注意されることがありますが、自分としてはこのいわゆる隙間時間というやつで、自己投資時間を捻出することができるという考え方の為、時間はむしろ有効に利用できている感じです。

家に帰ってから〇〇時から勉強しよう・・・は自分はやれないのです。

 

電車の座席に座ることができると、眠気に襲われ目を閉じてしまうことがありますが、この眠気に打ち勝つ方法、自分がこれまでに実践の中で感じた一番の方法が、

①まず座席に座ったら本を取り出して開くこと

です。これが一番。

そして、

②この本を読むことで得られるメリットを自分の頭の中で最大限にイメージして読まずに眠ってしまえば最大限に後悔する状況を思い描きます。自己暗示です。

 

基本的に通勤電車の時間は1時間と結構な時間の為、主に読書ですが、資格試験のテキストを持ち込んで勉強することもありました。

 

昔は自分もスマホでゲームをして時間を潰していた時もありましたが、長期的な視点で考えたとき、そのゲームで得たキャラやアイテムは自分に対して何か価値を生むのか、データが消えれば今までかけた時間の意味もなくなってしまうよな。という結論に至りました。本質思考です。

mantenkanto.hatenablog.com

例えば、そのゲームを実況して実況動画をYouTubeにアップロードするとか、攻略サイトの運営の為の情報収集の為のプレイだとか、ゲーム内の高価値アイテムを資金に変える為とかならまだ分かります。でもただ暇つぶしの為というのはなんとも自分にとっては気持ちが乗らないのです。乗らなくなってきました。

 

そんなこんなでとにかく本を常に持ち歩いてるんで、毎回ブックカバーを書店で付けてもらうのも面倒な為、最近は紙じゃないブックカバーを常備してます。 

ユナイテッドビーズ ブックカバー 文庫 岡山デニム UBM-BOOK-100

ユナイテッドビーズ ブックカバー 文庫 岡山デニム UBM-BOOK-100

 

 革のブックカバーとかもあるんですが、このデニム生地のやつが非常に良いです。たまに本の厚さとか大きさによっては合わないものもあるんですが、デニム生地の奴だと本の折り目に馴染んで持ちやすいのです。

 

読んだ本の内容は必ず忘れます。

それが人間ですが、自分の場合は人よりさらに忘れます。

そのために、本から学んだ知識をストックするという考え方をこの本から学びました。

 

知的戦闘力を高める 独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

 

自分は電車の中で読んだ際に興味深いポイントがあったらそのページに折り目をつけておきます、その後、エバーノートに書名と作者、先ほどの興味深いポイントをメモります。 

 

この本は読書をする前に読書するべき。ほんとおすすめ。

 

読書が自己投資?なんて思わないで、まずは1冊始めてみましょう。

 

月間保有資産まとめ(2018年5月)

本日より保有資産の月間まとめを実施していきます。

個人的メモも兼ねて

 

現金 ¥3,756,955

株式(個別株) ¥4,965,900

株式(未上場) ¥395,000

投資信託 ¥1,338,278

仮想通貨  ¥225,900

 

資産総額 ¥10,682,033

 

まずは初回ということで、ここから記録スタートです。

基本的に自分はあまり物欲が無く、浪費はしない傾向にあります。

それもあってそれなりな資産になっては来ていますが、まだまだです。

自分は現在28歳ですが、目標は40歳までに労働から卒業すること。

(40歳以前に卒業できるならなお良し)

 

資産形成の手段に関してですが、自分は労働から得られる収入を極力投資に回し、複利をきかせて大きくしていくスタンスです。浪費癖の無い自分にとっては特に苦もなくやってこれました。今後も引き続きこのスタイルで行く予定です。

 

株式は現物買いのみで、今のところ信用取引には手を出していません。

最近は株式市場が好調であるため、順調に見えていますが、次の暴落が来た際にこの程度の資産は簡単に消し飛ぶでしょう。ただ、資産を大きくすることができるチャンスは暴落時であると考えますので、暴落時に割安となった株を仕込めるように最近は買付与力を意識して確保しています。

 

保有株についての考え方ですが、

日本は人口減少の兼ね合いもあり、基本的に今後日本国株式は衰退していくと考えています。

そのような環境の中で勝ち切るにはどういう銘柄かを検討した上で選定しています。

具体的には「福祉・介護銘柄」や「海外展開銘柄」あとは「業績回復銘柄」も自分は好んで投資しています。

 

あと仮想通貨に関しては今は少額の投資に留めています。

コインチェックの件もありましたが、今は悪い意味で注目されていてあまり手を出したくありません。しかし、将来的には銘柄によっては高い確率で資産を産んでくれる可能性がありますので引き続き注視していきます。

 

ざっとになりますが初回の資産まとめでした。